メンソールのリキッドとVAPEについて

アトマイザータンクに好みのリキッドをいれることによって、さまざまな煙の味を楽しむことができるVAPEは、海外では男女問わず人気です。今ではすっかり嗜好品としておなじみですし、趣味で楽しむ人も多くいます。日本では新世代の電子タバコ、という認識がされているため、あくまでも禁煙をしたいとか、少しでもタバコの量を減らせたら、という気持ちから買う人が大半です。リキッドは本物のタバコの味に似せたものもあれば、フルーツやバニラなどの甘めのもの、エナジードリンクといった珍しいものもあります。人気があるのはメンソール系で、もともとメンソールのタバコを吸っていた人は、特にタバコの本数が減って、禁煙にかなり近づけるという結果を体験している人が多くいます。メンソール系のタバコを吸っているけれども、できればやめたい、と思っているなら、VAPEを試してみる価値アリです。

減らしたいときのVAPEとは

禁煙をすることが体にとってよいことで、お財布にとっては大助かりになることはわかっているけれども、どうしてもやめられない、という人は多いでしょう。原因はニコチンによる習慣性にありますが、それと共にタバコを吸うという行為が、もう日常の生活の一部になってしまっている場合も多いと考えられます。その場合はいきなりタバコをやめる決意をしても、おそらく挫折してしまうでしょうから、まずは習慣の内容を置き換える所から始めるとよいかもしれません。そのための強力な助っ人になってくれそうなのが、海外では今や趣味の域にまで達している電子タバコのVAPEです。おもしろいくらいたくさんの煙が出るため、しっかりとタバコを吸っている気分になれるのです。ニコチンを含まない煙は肺にずしっとくる感覚がないものの、軽く吸っている人なら早めに禁煙できるかもしれません。

VAPEでタバコを吸っている気分に浸ることとは

タバコを吸っている人がよく使う表現に、肺に煙がずしっとくるという感覚と、脳がちょっとしびれるような感覚というのがあります。それがタバコの魅力だ、ということなのですが、ちょっと考えただけでもどちらもあまりよさそうには思えません。少しでも減らせるのなら、とこれまで何度も禁煙にチャレンジした人も多いと思われますが、そのたびに挫折してきたとしたら、それはタバコの煙から感じる陶酔感もさることながら、タバコを吸うという行為そのものができなくなったことによるイライラもあるのではないでしょうか。それならせめて、タバコを吸っている気分だけでも手にできれば、イライラも多少は鎮まるでしょう。VAPEはリキッドを入れて煙を出すためにたくさんの煙が出ることから、確実にタバコを吸っている気分に浸ることができます。これによって、吸うことさえもできない、というイライラは解消できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*